カラオケで高音が出ない!その理由と解決方法を紹介します!

カラオケで高音が出ない!その理由と解決方法を紹介します!

カラオケで高音が出ない。出ることは出るけど喉が苦しい。高音で歌うとすぐに声が枯れる。という悩みを持っている方に向けて、高音が出ない理由と解決方法を紹介したいと思います。

高音が出ない、続かない理由

高音が出ない、続かない理由としては以下の2点が考えられます。

・喉を締めて声を出している
・高音を出すための筋肉が発達していない

喉を締めて声を出している

喉を締めることで確かに高音は出るのですが、苦しそうで弱々しい声となります。
息を強く吐くことで強引に大きい声を出すこともできますが、喉を痛めてしまい長続きしません。声が枯れる原因はこのパターンが多いです。

高音を出すための筋肉が発達していない

高音を出すための筋肉は、普段の会話などでは使用しないため発達しておらず、発声しても大きい声が出ません。そのため、喉を締めて高音を出そうとしてしまうのです。

高音の出し方

高音の出すために重要なことは以下の3点になります。

・喉を開く
・喉を開いたまま声を出す
・喉に不要な力を入れない

喉を開く

喉の開き方は、あくびが出る直前や、医者に喉の奥を見せるときをイメージしてもらうと良いと思います。ただ口を開けるのではなく、喉の奥に空間を作る感じです。

喉を開いたまま声を出す

喉の空間を保ったまま声をだしてください。声は額から出すように意識すると、喉が締まりにくいです。

喉に不要な力を入れない

喉に力をいれる必要はありません。喉を開くことを意識しすぎると、不要な力が入ってしまう場合があるので注意してください。

喉をリラックスさせたまま歌う練習としては、リップロール、またはタングトリルしたまま歌うという方法が有効だと思います。

リップロール…唇をブルブル震わせるように息を吐く
タングトリル…巻き舌で「ルルルルル」という発声を行う

より詳しく知りたい方はネットで検索して頂くと色々情報が見つかると思います。

高音の鍛え方

高音を鍛えるためには以下の2点が有効です。

・エッジボイス
・裏声

エッジボイス

エッジボイスというのは、映画「呪怨」で女性の幽霊が出す「あ”あ”あ”あ”あ”あ”」という声です。エッジボイスを行うことで声帯を閉じる筋肉を鍛えることができます。声帯を閉じる筋肉を鍛えると、喉を締めなくてもラクに高音が出せるようになります。また声質が良くなるという効果もあるようです。

裏声

裏声を使うことによって高音を出すための筋肉が鍛えられます。この筋肉を鍛えることで高音の音域を広げることができます。

裏声の大切さについて、以下の記事で詳しく紹介していますので、良かったらそちらもご覧ください。
カラオケ上達には必須!裏声を使いこなして周りに差を付けよう!

最後に

カラオケで上手く高音を使えると、ちょっとしたヒーローのようになれます!みなさんも練習してみてください。ただし高音は喉を痛めやすいので、無理をすることだけはないよう注意してください。

高音の練習曲について、以下の記事で紹介していますので、良かったらそちらもご覧ください。
【体験談】カラオケが上達する練習方法(10点アップ)